院長コラム - しゃくど循環器・内科|大阪市 都島区|循環器科 内科

ロゴ

院長コラム

しゃくど循環器・内科(大阪市都島区)院長のページ
医療のことや日々のあれこれについて...

〒534-0011 大阪市都島区高倉町2-9-8
高倉マンション1階
TEL:06-6927-7001
HOME お知らせ クリニックのご紹介 診療のご案内 医療情報

HOME院長コラム > 日々のあれこれ

【日々のあれこれ】の最近の記事


ディレーラー


ディレーラー.jpg
この写真を見て「リア・ディレーラー」という言葉が浮かんだあなた,きっと自転車通です.もしかしたら『ツーキニスト』ではありませんか.「自転車の変速機」という言葉が浮かぶ人はきっと普通の方です.何か分からなかった方,もう少し自分の回りのことに興味を持ったほうがよいかも.
さて,この写真は小生が通勤に使用している自転車の後輪の変速機=リア・ディレーラーで,もっと詳しく言えば,歯車の集まった部品はスプロケットと呼ばれています.Giantという台湾の会社の2002年モデルのマウンテンバイクのもので,段数は9段,フロント・ディレーラーが3段ですので前後組み合わせて27段変速になります.27段も必要なのか,とどこからかヤジが飛んできそうですが,本当のところは当然不必要です.
小生が自転車に乗り始めたのは小学2年生頃で,最初のサイズは『16インチ』でした.その後は姉のお古の『20インチ』,『22インチ』と乗り継いで,5年生時にブリジストン製の5段変速自転車を買って貰いました.以来,今に至るまで変速機付き自転車と付き合っています.
変速機は何のためにあるのか.中学や高校生の時の答えは「ただひたすら早く疾走する」ための道具でした.それ以外の目的など考えたこともありません.一番重いギアにいれてペダルをこぐ,ただそれだけで普通の自転車より確実に早く走れました.医学生になってからは自転車と縁が遠くなり,改めて乗りはじめたのは40歳を過ぎた頃からでした.そしてようやく27段もの変速機の意味が分かりました.ようするに,自分の脚力にあったギアが選択できるということです.若いときなら使っていたであろう一番重いギアなど今の私の脚力では「論外」のひとことで,到底まともには走れません.変速機=ディレーラーは,早く走るための物ではなく,脚力にあわせて楽に走るための装置であるとようやく分かりました.体力が落ちた現在,坂道ではかなりロー側に変速して楽に走っていると,女子高生のママチャリが一気に抜き去って行きます.でも,意地をはって追いかけたりはしません.ちょっとは遅れますが坂の上には到着します.それも比較的楽に.
数年前までの自分と比較して「仕事ができなくなった」,「能率が落ちた」などどあせってはいませんか.早く走ろうと体力以上の重いギアに入れてしまうと前に進めず足が付くかもしれません.心のディレーラーを動かして軽めのギアに入れましょう.突っ走っている人からは少し遅れるかもしれませんが目的地に到着できます,息切れせずに.
(日々のあれこれ:08/09/15)

あけましておめでとうございます


『しゃくど循環器・内科』は3月で開業1年を迎えます.
今年4月からは,無理を重ねた医療制度改革や希薄な科学的根拠によるメタボ健診(特定健診)が始まります.健康ではなく『医療費の削減』が最終目標のようですのでいったいどうなりますことやら.
本年も,どうぞよろしくお願い申し上げます.
(日々のあれこれ:08/01/10)

街のイチョウ


前回の紅葉に続き、今回は街中で見かけた黄葉の写真
この季節、大阪城公園内のイチョウが色づいてきれいなのは知っていたけれど,街中にもきれいなイチョウが多いのにきづいたのは,自転車通勤のおかげでしょう

大阪城公園のイチョウ_ 都島公園のイチョウ
大阪城公園都島公園
(日々のあれこれ:07/12/08)

晩秋の桜


桜並木1

桜並木2

桜とかもめ
晩秋のこの時期に「桜が美しい」といえば正気とは思われないかも知れないが,晩秋の桜も事実キレイである.ここは大川沿い,桜の名所であるがこの時期は写真のように桜の葉が美しく色づいている.楓や蔦の紅葉とは異なり,色づいた桜の葉は短期間で枯葉となって散ってしまうのも桜花に通じる.

花が咲く前のソメイヨシノは,幹の色は黒っぽく太さも高さも中途半端なため,沢山植わっていでもほんとうに存在感の無い木である.それが春には一気に花を咲かせその存在を印象付ける.その間わずかに2週間.これで「1年の行事はおしまい」と思っていたが,秋の光景もすばらしい.

いままでも遠目には見ていたのだろうが,桜の木の下を自転車通勤で毎日走るようになって気がついた.ちなみに,ネット的には自転車通勤をジテ通といい,さらに自転車通勤している人をツーキニストと呼ぶらしい
(日々のあれこれ:07/11/29)

天王寺動物園とメタボリックシンドローム


ゴイサギ

オランウータン
久しぶりに天王寺動物園に行った.ここ20年近くは同園に行ったことがなく,人気の旭山動物園など他の動物園も訪れたことがないので比較は難しいが,「一見,檻から開放された」かのように見える演出が取り入れられ,それなりに楽しく歩き回った.
人間界が高齢化を迎えているのと同じく,動物園の動物たちも高齢化を迎えているらしい.コヨーテは8月に人間年齢の90歳以上相当で寿命を全うしたらしい.また,アシカの数頭は白内障のために目が見えないらしい.投げ入れた餌の小魚がすぐ近くに落ちても見つけられず,野性(動物園に住み着いた)のアオサギやゴイサギが面白いように横取りしていた.
日本人の多くがメタボに当てはまるらしいが(下記参照),オランウータンも肥満と虫歯で困っているとのことだった.しゃがむとなぜだか丸いオランウータンの体.オランウータンのメタボ基準は知らないが,きっとメタボだろうと納得して家路についた.

メタボリックシンドロームの診断基準
1. 腹腔内の脂肪蓄積の基準(内臓脂肪面積≧100cm2に相当)
 ウエスト周囲長
  男性 ≧ 85cm
  女性 ≧ 90cm
2. 上記に加えて
1) 高トリグリセライド血症 ≧ 150mg/dl
かつ/または
低HDLコレステロール血症 < 40mg/dl
2) 収縮期血圧 ≧ 130mmHg
かつ/または 拡張期血圧 ≧ 85mmHg
3) 空腹時高血糖 ≧ 110mg/dl
上記1)〜3)のうち2項目以上

注)上記のウエスト周囲長については他国の基準とかなり異なるため,世界中からやや異端視されている.将来的に改訂されるだろうと考える研究者は多い.
(日々のあれこれ:07/10/15)

開院翌日


遅ればせながら, 開院翌日(3/8)の院内風景です.
たくさんの方々にお祝いいただきまして,ありがとうございました.
(日々のあれこれ:07/03/21)

3月7日開院


3月7日に『しゃくど循環器・内科』を無事開院しました.様々な方々にご支援いただいた賜物と感謝しています.
医学部卒業以来ずっと勤務医をしていましたので患者さんが支払われる医療費(窓口負担)について正直なところあまり考えたことはありませんでした.この窓口負担金に関係して,『レジスター』なるものを受付に準備しました.開院前にレジスターに生まれて初めて触りましたが,作動させるのに鍵が必要なことは知りませんでした.また,取り扱い説明書には聞きなれない言葉が羅列されており,レジスターの引き出し(ドロアーと呼ぶそうです)を一回開けるだけに途方もなく時間が掛かりました.自分ではこの機械を使うのをあきらめ受付スタッフに任せようと決心させるに十分なほど,ややこしい機械です.レジスターは...
当院では電子カルテを導入しました.したがって診療内容はすべて『データ』として保存されます.家庭で使用しているパソコンのハードディスクが壊れることがあるように,電子カルテのデータディスクも壊れるリスクはゼロではありません.そこで必要なのは『バックアップ』です.当院ではかなり厳重に何重にもデータをバックアップしているのでデータを喪失する心配はしていません.ただ,復旧に時間が掛かるようだと診療に支障が出てきます....など心配事もあります.杞憂なら良いのですが.いずれにしても電子カルテ化は世の流れですので『紙のカルテ』を懐かしいと思うのも案外近いかもしれません.
(日々のあれこれ:07/03/11)

地下鉄都島駅のAEDに広告設置


心臓突然死の原因の多くは心室細動が原因といわれています.救命の決め手は最近日本でも普及しつつあるAED(自動体外除細動機)です.現在,大阪市営地下鉄では広告媒体とタイアップしての設置を進めています.
2月15日に地下鉄都島駅改札横のAED装置にしゃくど循環器・内科の案内看板が設置されました.
(日々のあれこれ:07/02/18)

開院準備2


準備は着々と進行しています
看板がつき、外観も医院らしくなってきました
レントゲン装置の設置も終わりました
(日々のあれこれ:07/02/04)

開院準備1


内装工事が終わり、いよいよ明日から機器の搬入が始まります。
受付から奥を見たところです
右手にトイレ、左手手前から診察室1、診察室2があり、突きあたりが処置室とエックス線室です
処置室から入り口方向を見たところです
右側は診察室2で、左手に採血スペースがあります
(日々のあれこれ:07/01/31)

関連リンク

Copyright(c) 2006-2008 しゃくど循環器・内科 All rights reserved.